ひろおか内科・消化器クリニック

MENU

医師紹介

ひろおか内科・消化器クリニック  院長 廣岡知臣

皆さま信頼されるクリニック目指します

こんにちは。この度、幼いころ過ごした思い出深いこの地で開業させていただくことになりました、ひろおか内科・消化器クリニックの廣岡知臣です。
私は、大阪医科大学を卒業後、当時、岸和田徳洲会病院院長であった父・廣岡大司のもと、一般内科の臨床経験を積み、前職の府中病院では消化器内科、特に内視鏡診療および治療に携わってまいりました。
今後は新たなスタッフと共に、これまでの経験を生かし、微力ながら地域医療の発展・向上に尽くしたいと思います。
また、近隣の基幹病院と綿密に連携し、地域住民の方々に安心して、当施設を利用して頂けるよう、思いやりのある質の高い医療の提供を目指して行きたいと考えております。
どうぞよろしくお願いします。

ひろおか内科・消化器クリニック  院長 廣岡知臣

経歴

2001年3月 大阪医科大学卒業
2001年4月 岸和田徳洲会病院入職
2008年4月 泉大津市立病院 消化器内科 医長
2009年4月 府中病院 消化器内科 医長
2016年4月 府中病院 消化器内科 部長・医師研修センター専門研修室長
2019年 現在に至る

資格・所属学会

  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 日本消化器病学会 専門医・指導医
  • 日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医、近畿支部評議員
  • 日本消化管学会 胃腸科専門医・指導医

ひろおか内科・消化器クリニック 廣岡大司
- 専門:消化器病診断・治療、生活習慣病 -

廣岡大司

医師になって50年。
一般内科を研修後、消化器内科の道に進み、昭和53年岸和田徳洲会病院に入職、25年間院長を務め、泉大津市立病院、府中病院に招かれ、現在に至りました。
専門は消化器病・内視鏡診断学ですが、高齢社会を迎え、健診・生活習慣病にも強い関心を持って診療しています。
生涯の目標は地域医療を通じて、健全な地域作りの一翼を担うことです。
この度は、息子の開業に伴い、手伝いをすることになりましたが、初心を忘れずに地域医療に貢献できればと願っています。
よろしくお願い致します。

経歴

1967年3月 大阪市立大学医学部卒業
1968年5月
同年5月
医師免許取得(200633)
大阪市立大学医学部付属病院第三内科入局
消化器内科を研修
1970年4月 藤枝市立志太総合病院内科勤務、内科医長を経て
1979年8月 岸和田徳洲会病院副院長として入職
1983年5月 同 病院長
1996年 日本消化器内視鏡学会総会評議員功労会員
2006年8月31日 岸和田徳洲会病院を退職
2007年9月1日 泉大津市立病院入職:名誉院長、消化器病センター長
2009年3月31日 同院 退職
2009年4月1日 府中病院 入職:病院常勤顧問、健診センター長
2009年3月31日 同院 退職
2012年7月1日 府中病院 常勤顧問
府中クリニック 健診センター長

資格・所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本消化器がん検診学会
  • 日本人間ドック学会
  • 産業医認定医
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本内視鏡学会指導医
  • 日本集団検診学会認定医
  • 日本医師会認定産業医